イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

Narrow Boatの楽しみ方

春がやってくるとこの辺りではNarrow Boatが活気づきます。みなさんお日様を楽しむためにボートを出して川をのんびりと移動していきます。そののんびりさ具合ときたらおそらく徒歩より遅いくらいです。さすがにスピードが出た時には歩くより早いですが、少し進むと必ず水面のレベルを合わせるゲートがあります。

 

こんなやつね。

f:id:Yotaro:20170416221747j:image

 

このゲートは水面の高さが異なる場合、それを移動するためのものなのですが、作業はほぼ人力で行います。船をつなぎとめて、いま来た方の水門を閉め、そのあとで行きたい方向の水門を開ける。これを全部人力でやるからやたら時間がかかる。

 

こうやってハンドルを一生懸命回すと水門が開きます。

f:id:Yotaro:20170416221913j:image

 

水が入ってきて水面の高さが一緒になる。 f:id:Yotaro:20170416222024j:image

 

よく見ると下の2枚で船の位置が変わっているのがわかると思います。船が持ち上がることで次の区画に行けるわけです。

f:id:Yotaro:20170416222222j:image

f:id:Yotaro:20170416222330j:image

 

その度に係留しないといけないし、ハンドル重そうだし、すごく時間がかかるんだけど、この時間も含めてボートの楽しさなんでしょうね。いいなぁ、やってみたいなぁ。

 

しかしなぜ1本の川で水面の位置が違うんだろうか…。