イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

出張用ミニギター 豆鉄のケース探し 〜ARANJUEZ(アランフェス)のウクレレケース

ミニギター 豆鉄導入の目的は飛行機に乗せて出張先に連れて行くことです。飛行機に持ち込むと座席上の棚にしまうことになります。そうするとギターの上に荷物を重ねられてしまう。だからハードケースが必須になります。

 

ところがここで問題が。豆鉄は独自のサイズなのでケースがないんです。テナーウクレレにサイズが似ているんだけど、微妙にネックが長かったり横幅が大きかったりするのでほとんどのウクレレケースに入りません。猛暑の中、御茶ノ水で4店舗を回り、恵比寿の楽器屋をチェックし、最後に新宿のロックインに行っても入るハードケースはありませんでした。

 

しかし、打ちひしがれ、飲みに行こうと決め、新宿から大久保の韓国料理屋に向かう途中で期待せずに入った島村楽器にそのケースはあったのです。アランフェスのテナーウクレレケース。

 

ほら、ぴったり!しかも軽くて頑丈そう。背負うこともできるので移動も楽ちん。

f:id:Yotaro:20170729215102j:image

 

島村楽器でサイズ確認ができたのでそこで買いたかったのですが、あった色がラメ入りの緑色のみ。熱帯の昆虫感が出てしまっていたので、ネットで白を注文しました。ごめんなさい、島村楽器さん。でもとっても感謝しています。

 

飛行機で持ち込み拒否されないようおまじないとして、ANAとJALのステータスタグをつけてみました。乗るのはもっぱらBAなのであんまり意味なさそうだけど…。ちなみにこれ、1年でもらいました。酷い出張スケジュールを物語ってますね(笑)

f:id:Yotaro:20170729215117j:image