イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

せっかくやってきたM Monochromが2か月の入院となりました

先日購入したライカM Monochrom, どうもセンサーにごみがついているようで絞る(f値を大きくする)とシミみたいなものが写りこんでいました。ネットで調べるとこのCCDセンサーはゴミがつきやすい模様。そこで、センサーのクリーニングをしてもらおうと銀座のライカショップへ行ってきました。

ライカ銀座店 // 世界のライカストア // ライカストア& 取扱店 - Leica Camera AG

 

クリーニングをしてもらったところ、ほとんどのシミが消えたのですが、ほんのわずかに2か所のシミが残っており、その原因がセンサーの剥離が原因だとのこと。イギリスで買った時にすでにセンサー交換済みであるとの説明を受けていたので、その旨説明すると『交換したセンサーが改良版でなかった可能性がある。いまは剥離対策が済んだセンサーがあるのでそれに交換すればもう剥離することはない。』とのこと。どうやら剥離対策前に勃発した問題には、とりあえず交換をして再発しないか様子を見ると言うスタンスだったようです。

 

と言うわけで改良版センサーへの交換を実施することになりました。ドイツに送って日本に戻って来るのが7月14日とのこと。たぶんその頃また出張で日本でいるので取りに行くことに。

 

一度センサー交換された皆さんも油断しない方がよいかもしれません。8月中旬に無償交換は終わってしまうようなので、お早めにご確認ください。

ライカM9 / M9-P / Mモノクローム / M-EのCCDセンサーに関する最新情報 // 2017 // Global // ライカの最新情報 // ライカの世界 & 最新情報 - Leica Camera AG