イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

ライカDNG(RAW)ファイルの現像をどうするか FlashAirは使えないのでLightning SDカードカメラリーダー導入

これまで写真を撮るときはjpegで撮って、それを東芝Flash AiriPadに転送し、Flickrにアップロードして管理すると言う方法を採っていました。カメラと携帯だけで作業できるので便利だったのですが、M Monochromではこの方法は使えなさそうです。僕は絞りを設定してシャッタースピードは自動で撮ることがほとんどなのですが、M monochromの場合、このシャッタースピードの設定が雑なんです。ものすごく明るく写ることもあれば暗く映ることもある。だからjpegをそのまま保存するわけにはいかないのです。

ものすごく暗く写っていても、ちゃんとAdobeLightroomなどで現像してあげれば、普通の明るさに戻ります。だからちゃんと撮れてるんですね。ただ暗く写ってしまってるだけ。と言うわけで撮影後の調整が必須のカメラです。そしてそのためにこれを買いました。

www.apple.com

FlashAirでもRAWファイルの転送はできます。ただアプリからの取り込みはできなくてブラウザ(Safari)を開いて1枚1枚保存しなきゃいけない。これは異常に時間がかかるし、カメラの電池もすぐなくなってしまいます。と言うことでこのコネクタを買いました。

使い始めた当初はDNG(RAW)ファイルが認識されず焦りましたが、どうやら撮影ファイルをRAW+jpegにするとjpegしか取り込みができなくなるようです。RAW撮影のみにしておけば問題なく認識してくれるので、これからはRAWだけで撮影して、iPadに取り込み、現像してFlickrに保存することになりそうです。

iPadならいつでもどこにでも持ち運べるし、液晶もきれいなので現像しやすい。おすすめの方法です。

Untitled