イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Shalfordという村で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

いずれはGuildfordで日本酒バーを開きたいのです。

ちょこちょこ登場するワインショップCorkageのおやっさんアンディ。ラグビー好きの彼はラグビーやワインの話のみならず『先月はお客の入りが悪かった。』とか『クリスマスギフトボックスを企画しようと思うだけどどう思う?』とかお店の突っ込んだ話までしてくれます。

 

そんなアンディ、いまのところGuildfordで唯一の友達なので、先日日本酒をお土産に持っていきました。

 

入門編と言うことでクセの強くない獺祭磨き三割九分。

https://www.dassaistore.com/products/detail.php?product_id=44

 

アンディ曰く『日本酒嫌いのイタリア人店員もおいしいと言って飲んでいたよ。あんなにおいしい日本酒もあるんだねぇ。』とのこと。日本酒、イギリスのスーパーでも買うことはできます。でもだいたい大関。ワンカップから紙パックまで品ぞろえしてるけど、あれを日本酒の代表としてよいのか…。

 

そう言う意味ではイギリスのみならず、ヨーロッパ全土で日本酒は大きなビジネスチャンスを持っています。良い日本酒を仕入れることができれば高級白ワイン感覚で人気が出ると思います。ゆくゆくはGuildfordで日本酒バーを出したいなぁ。つまみは柿ピーのみ。どうせイギリス人あんまり食べないからそれでよいだろうし。

 

と思っていたらアンディが『日本酒の良い仕入れ先探したいなぁ』と言い出しました。まずい、ライバル店ができてしまう…。

 

yotaro.hatenadiary.jp