イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Shalfordという村で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

Fitbit Flexで生存確認

運動はしていないのに、これを付けています。

www.fitbit.com

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ThPAanwWL.jpg

 

 

歩数と睡眠時間が測れます。たったそれだけなんだけど結構面白い。歩く日と歩かない日の差が激しくて、特に家で仕事している日なんて2,000歩とか驚異的な数字をたたき出してしまいます。目標10,000歩にしているのが恥ずかしくなるくらい。

 

逆に睡眠時間は安定していて平日は4時間前後。まあ5時ころから仕事してるから仕方ないですね。たぶん死んだら過労死の立証に使えるな。いや、『あいつ好きでやっててたんだよ』って言われて終了か…。

 

とにかく、生活の記録があると言うのは面白いです。ああ、この日はロンドンに買い物に行ったから15,000歩も歩いたんだ(以前言われた『ロンドンはすべて歩いて回れる。』と言う部下の言葉を信じており、地下鉄は乗りません。)とか、この日8時間も寝てるけど、飛行機の中だな、とか思い返すのが楽しいです。あと、目立たない大きさなのもいいですね。心拍数が測れるものとかもありますが、サイズが大きくなって時計の機能とか頼んでないのについてきてしまいます。時計は自分の好きなデザインのものをしたいし、走るわけではないのでこれで十分です。

 

そして、さらに良いのがほかにつけている人の歩数が見られること。僕の父はそこそこの年齢なので連絡が来ないと心配になることがありますが、これをつけさせておけば歩数が把握できます。父から見ても、僕が1人暮らしで心配なので、歩いているのが確認できるのは良いみたいです。歩数も確認できて、家族の生存確認もできるすぐれもの。興味があったら調べてみてください。

 

ちなみに父は平均の歩数が10,000歩を超えており、僕の7,000歩を軽く超えています。恐るべし高齢者。