イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

なぜか増えていくFoster & Sonのブーツ

 f:id:Yotaro:20161218231149j:image

↑ これ。

 

先日の記事で紹介したFoster & Sonから、年末のセールがメールで届きました。『土曜日からセールを始めるけど、このメールが届いたあなたには金曜日からセール始めるよ。』とのこと。

yotaro.hatenadiary.jp

 

それ以外のことが書いてない。アポイントとか取らずに行っていいのかわからない。なので『行けば良いの?』とメールしたら、サイズとか好みのデザインとか知りたいから電話ください、と。出た、電話文化。太刀打ちできるはずないと思いつつも勇気を出して電話。

 

サイズは9と伝えたところ、『どんなデザインが欲しいの?』と。

 

知らん。デザインなんて分からん。どんなデザインがあるのか聞いてみたら、

 

『ダービーだと黒とブラウンとバーガンディーと@#$#$%^…、オックスフォードなら黒とブラウンと@#$#$%^…、他には@#$%%*&#^*$(%^#@*@($&。』

 

うん、分かった。たくさんあるのがわかったから行くと告げ、お店に行きました。今回はスーツで履ける普通の革靴が欲しいと思い、いくつか履いてみたんですが、お店のおばちゃんが、『ダメよ、大きすぎるわ』と却下。僕は大丈夫だと思ったんだけど、おばちゃんは厳しい。これは買うべきじゃないと一蹴。

 

仕方がないので他の靴を見てみたところ、冒頭のブーツに行きついたわけです。ジョッパーブーツと言って、競馬のジョッキーの靴が元のデザインだとのことです。

 

『本当はスーツで履けるのが欲しかったんだけどなぁ』

 

と言ってみたところ、おばちゃんは

 

『履けばいいじゃない。足首はズボンで隠れるから大丈夫よ。前回のブーツもスーツで大丈夫だし。サイズが合わない方が問題よ。』と。

 

今後、お客様訪問の際はスーツにブーツと言うファンキーな格好で勝負してみようと思います。紳士の国が言うんだから大丈夫なはず!

 

その後、財布が無いか探してみようと街に出たんですが、あまりに人が多く、すぐにギルフォードに逃げ帰ってきました。苦手です、都会。でもこのお店、ロンドンにしかないしなぁ。

 

 

追記

今日はじめて前に買ったブーツを履いてみたけど、とっても履き心地が良い。今後靴はここだけで良いのではと思うレベル。

f:id:Yotaro:20161219002305j:image