読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

海外旅行に行く方にオススメ 〜飛行機移動に便利なアイテム

飛行機で移動することが多く、それもヨーロッパのアジアを行き来すると言う悪しき労働環境なので、10時間の超のフライトが月に1度くらいあります。そこで飛行機移動の際に便利な持ち物について書いてみようと思います。

 

ジャケット

男性だったらジャケットを着ていくことをお勧めします。飛行機の中は体感温度がころころ変わるので、脱ぎ着しやすいジャケットがあると快適に過ごせます。また、ジャケットにはポケットがたくさんついていることもよい点です。飛行機に乗る際は身に着けておきたいものが多いんですよね。財布・パスポート・チケット・入国書類・携帯・ボールペン(入国書類とか書かないといけない)などなど。これらの小物をセキュリティーチェックの際にいちいちトレーに出さなければいけないのは思いのほか面倒。でもジャケットのポケットに分けて入れておけばジャケットを脱いでトレーに入れるだけで済みます。飛行機の中でもトイレなどに行くとき、ジャケットを着れば貴重品をまとめて持ち歩けます。

ジャケットを着ているとそれなりにきちんとしているように見えるのも利点です。例えば、飛行機を待っている間に時間を持て余して誰かに話しかけたい時、自分がきちんとした格好をしていると気分的に話しかけやすいです。旅の思い出も作りやすいですよね。余談ですが、旅慣れたビジネスマンは結構いろんな人と話します。ただの暇つぶしにしかならない時もあれば、ビジネスチャンスが出てくる場合もあるのですが、こういうビジネスマンはそれなりにきちんとした格好をしています。

ちなみに、必ずポケットにふたのついてるものを選んでくださいね。以前、ふたのないものを着てた時にセキュリティーで携帯落としました。

 

トール

たまに笑っちゃうくらい寒くなるときがあるのでストールを持参してます。機内に毛布はあるのですが、掛けてもずり落ちて着てしまうので、上半身を温めるのは難しいです。そういう時は、首を温めると効果的です。

 

ボールペン

どの国に行っても必ず入国書類を書くので持っておいた方がいいです。ジャケットのポケットに常備してます。

 

Kindle

あまり映画が好きではないので飛行機の中では音楽を聴きながら本を読んでいます。紙の本は重いし、暗い中だと電気をつけても読みにくい。でもKindleなら何十冊もまとめて持ち運べるし、自発光なので暗い中でも楽に読めます。

 

 

ヘッドホンじゃなくてイヤホン

できることなら寝てしまいたい。それが長時間のフライトの本音です。なので、自然に眠りにつけるものが望ましい。ヘッドホンは圧迫感もあるし、寝そうになって首の角度が変わると、椅子などに当たってごそごそ音がして起きてしまいます。その点イヤホンなら自然に眠りにつけるのでよいです。クラシックとか聞いてるとすぐ眠れますね。

 

結局

ポイントは荷物をなるべく増やさずに、必要なものをうまく運ぶこと。上記のアイテムを持っていくなら、そんなに大荷物にならなくてすみます。空港のお店を見て回ったりするのも含め、移動がだいぶ楽になると思います。

 

荷物を預けるかどうかも議論になったりしますが、個人的にはどっちも変わらないかな、と思います。基本的には預けてもそんなに待つことはないし、機内で持ち込み用スーツケースの置き場を探すのは結構ストレスになります。それならば、容量に余裕のあるスーツケースを預けてしまった方が理にかなっているような気がします。

 

飛行機移動の場合、快適さは身軽さとイコールだと思いますので、手持ちの荷物はなるべく小さくするのが鍵ですね。