イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

徒歩で渡る中国~Shenzhen

f:id:Yotaro:20160924030015j:image

シンセンと書くべきなんでしょうが、漢字が見つからないのでShenzhenと書きました。決して気取っているわけではありません。

 

今週は1週間香港に滞在したわけなんですが、ついでにShenzhenのお客さんも訪問をしてきました。行くのははじめてだったのですが、島国に住み島国に引っ越した僕にとっては結構面白い体験。香港からShenzhen行くには、タクシーで橋を渡って中国本土に入り、徒歩で国境を越えます。飛行機も船も電車もなし。気軽に日帰りができる距離なので、中国に行ったと言う気になりません。でも当然国境の先は中国なわけで、きっちりLINEやFacebookが使えなくなったり。なんだかとても不思議な感じでした。

f:id:Yotaro:20160924030023j:image

 

国境を越えて中国のタクシーに乗ろうとタクシー乗り場に向かうと、ワラワラと人が寄ってきます。台湾人の同僚の話だとこの人たちは「タクシー並ぶの面倒だから、俺が載せてやるよ。値段はタクシーと一緒だからさ。」と言っているとのこと。この怪しさ満載の車に彼は前回乗ってしまい、3倍の値段を要求されたそうです。払うまでドアを開けてもらえなかったと言っていたのでみなさまもお気を付けください。ちなみに、タクシー乗り場は空いているので何も困ることはありません。

 

で、帰りは同僚と別れてひとりで香港へ戻ってきました。同僚が書いてくれた行先を書いた紙を持ってタクシー乗り場に向かうと「タクシー!?タクシー!?」と絶叫する人の群れが…。さっき見た人と違い制服は着ている、でも怪しい、と思っているとひとりのおじさんが行先の紙を奪い取り歩いて行ってしまいました、鋭い。その紙が無くなると大変なことわかってる。仕方なしに取り返しについて行ったら普通のタクシーでした。普通のタクシーもお客の取り合いするんだね。順番で載せればいいのに…。

f:id:Yotaro:20160924030042j:image

f:id:Yotaro:20160924030049j:image 

そのまま香港空港に戻り、今は台湾にいます。今日は香港⇒中国⇒香港⇒台湾と旅したことになりますね。中国から見れば全部中国なんだろうけど、これだけ国を移動していると言うのは不思議な感覚です。

 

来週半ばには日本に帰ります。気温、下がっているといいなぁ。