イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Shalfordという村で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

ヘッドフォンはゼンハイザーのmomentum iに決定。~駅前のオーディオ屋に見る購買の在り方

目の前でラグビー6 Nations イングランド-アイルランド戦が繰り広げられていますがいまいち気持ちが入らないので雑記。

バルセロナ出張で課題となっていましたヘッドホン、さっき駅前のオーディオ屋さんに行って買ってきました。とっても狭いお店でヘッドホンは4種類くらいしか置いてありません。でも幸運なことに気になっているのB&WのP7は置いてありました。

f:id:Yotaro:20160228033403j:plain

『飛行機で主に使いたくて長時間聞くつもりなんだよね。P7は耳を圧迫しないからよいと思って』と相談したところ、『おぉ~、聞いてみなよ』と早速持ってきてくれました。聞いてみたらバランスのとれた良い音で、これでいいかな、と話したところ。

『でも俺はゼンハイザーのmomentumのがいいヘッドホンだと思うぜ。ゼンハイザーの歴史は伊達じゃないから聞いてみな』と。

f:id:Yotaro:20160228034247j:plain

 

で聞いてみたところ、立体感のあるとてもきれいな音。ただ、少し迫力が足りないんだよな~と感じました。おじさんが試聴の間は放置しておいてくれるので、いろいろ試しているうちに、僕のプレーヤーのCaiyn N6にはハイゲインとローゲインの切り替えがあることを思い出し、ハイゲインに変えてみたところ、素晴らしい音が。もともと音の雰囲気が良いのにパワーが加わって申し分のない音に。軽くて付け心地もよいので長時間にも耐えられそうだし、折りたたみもできるので出張にもよさそう。と言うことで買ってきました。

 

おそらく、アマゾンなんかで買った方が安いんだろうなと思います。でも、ネットで買っていたらB&W P7の方を買わざるを得なかったわけで、お店で買ってよかったな、と思います。

イギリスではまだまだ個人店が残っています。店員がダメなバイトだったりすると潰れてしまえ、と思いますが、だいたい個人店の店員さんは基本愛想がよくて商品のことをよく知っています。だから楽しく買い物ができる。もちろん、割高になるわけですが、いろいろと話をして楽しく納得して買っているので満足度は高いです。その分、買った後に他の商品が気になったり、別の買い物をしたくなったりと言うことが少ない気がします。

アマゾンで買ってしまうと、届いた時にはほかの商品を見ているようなことがよくあって、結局必要のないものをたくさん買ってしまう傾向があるように思います。極論ですが、アマゾンで買うときは『安く買っている』ことが満足度につながっている様な気がしてなりません。その快感を味わうためには買い物を継続しなければらならない。

それに対して個人店の買い物は欲しいものがきちんと見つかる喜び。だから買った後に他の買い物に目が行かない。

消費者個人としても使う金額は少なくなるだろうし、作る側・売る側は利幅が取れる。古い流通はそれなりに合理的なのかな、と感じた買い物でした。まあもちろんイギリスでも買い物は通販が中心になってるんでしょうけどね。

あ、イングランド勝ってる…