イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

イギリスひとり歩き その3 Brighton ~いろいろな雰囲気の建物がごちゃまぜの海沿いの町

部下に行けと言われて行ってまいりました。帰ってきて聞いてみたら、夏がよいので夏に行けと言っていたようですが、まあ天気がよかったので良しとします。

 

ロンドンから南へ1時間くらいの海沿いの町です。

f:id:Yotaro:20160221065611j:plain

 

Bath同様、ついて建物の雰囲気がロンドンやギルフォードあたりとは違うのに気づきます。はじめに感じたのは中東・東洋のにおい。こんな東洋風の建物がいくつかありました。f:id:Yotaro:20160221071341j:imagef:id:Yotaro:20160221071705j:image

近くには金や宝石を扱う専門店街が。その辺りは昔に行ったドバイの様相。(記憶あいまいなので違うかもしれませんが)おそらく歴史的にかなり外国の文化が入った町なんだと思います。いちいち調べるの面倒なのでイギリスの歴史がわかる小説か何かあるとありがたいんだけど、どなたか知りませんか??

 

ちなみに、街並みが全部エキゾチックなわけではありません。ちゃんと西洋風の教会もあって不思議な感じ。 

f:id:Yotaro:20160221073745j:image

f:id:Yotaro:20160221071338j:image

 

で、海まで出てみました。夏がおすすめってことですが海水浴には向きません。砂浜ではなく石浜。ごつごつ大きい石だらけなので寝転がったりには向かないでしょうね。

それでも夏は気持ちよいだろうと思わせる開けた海と街並み。さっきの中東・アジア風とは違い今度は地中海風の白壁が続きます。

f:id:Yotaro:20160221073820j:image

f:id:Yotaro:20160221073747j:image

 

じいさん絵になる。くわえ煙草で杖つきながら石だらけの地面を歩いてました。

f:id:Yotaro:20160221073751j:image

 

海にせり出す形で遊園地もあります。うちのボイラー同様、遊具は古いものばかり。その古いものをイギリスの人は使い続けます。で、とっても楽しそう。最先端のスリルや感動もよいけれど、古いもので味わう情緒もまた捨てがたいな~と言う感じですね。

f:id:Yotaro:20160221075433j:image

 

建物や歴史を見るにはBathの方がおすすめかな。でものんびりお酒でも飲みながら時間を過ごすというのであればBrightonの方が楽しいと思います。

 

現地のみんなにいろいろ遊びに行くべき場所を聞いて回ってたんですが、進められる場所が車で5時間以上のところが増えてきました。なんとか近場でよいところを探したい...