イギリスの郊外での暮らしと旅日記

ロンドンの南西 Guildfordという町で暮らしています。イギリスの暮らしと、旅(主に出張)、お酒と音楽の話を、あてどなく綴ります。

頭の良い人が陥りがちな罠とそれに対する坂本竜馬の回答

 と言うより司馬遼太郎の意見。理屈におぼれて本質を見落としたり、理想を実現可能と思い込んでしまって無理をしてしまうのは、頭の良い人にありがちな落とし穴ですね。よく見てるなぁ、司馬遼太郎。

 

竜馬がゆくは、司馬遼太郎の坂本竜馬好きが伝わってくる小説ですね。翔が如くの時は西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允はじめ維新の立役者をこき下ろしていたのに、竜馬はものすごく魅力的に書いてある。

 

「そんな芝居を思いつくとは、半平太も人が悪くなったなあ」

「たしかに、わしは人が悪くなった」

 と、武市半平太が、いった。

「しかし竜馬、善人では、これだけの大芝居は打てないよ」

「悪人ならなお打てぬ」

 竜馬は、にやにや笑っている。

「半平太、お前が悪謀家じゃということになれば、もはや人がまわりに集まって来るまい。人が集まらぬと大事はできぬ。されば半平太、悪人というのは、結局、小事ができる程度の男のことだぞ」

「待った」

 武市は眼をするどく細めた。

「わしを、悪人というのか」

「言わぬ」

「申したではないか」

「悪謀家になるなと申した。なンも、お前が悪人じゃとは言うちょらん」

「悪謀は生涯これ一回じゃ。しかも私心あってのことではない。土佐二十四万石を、こぞって天朝のために捧げるためじゃ。そのために芋頭の重役とも手をにぎる。参政吉田をも暗殺する。半平太はなんでもやるぞ」

「半平太は狂うた」

「なんじゃと」

「お前の書いちょるのは、無理な芝居じゃ」

「なぜ」

「全藩勤王などは理想だが不可能なことだ。むかしから理想好きはお前の性分じゃ。完全を望み、理想を追いすぎる。それを現実にしようと思うから、気があせる。無理な芝居を打たねばならんようになる。かならず崩れ去る」

(『合本 竜馬がゆく(一)~(八)【文春e-Books】』(司馬遼太郎 著)より)

 

ドバイの楽しみ方を伝える能力も財力もありません。

滞在2日のドバイ出張、ちょっとテンションが下がって帰ってくることになりました。観光名所を巡ると言うよりは、街を歩きながらその土地の歴史を感じ、文化に触れることが出張の楽しみなのですが、どちらも難しかったと言うのが正直な感想です。

 

とにかくお金があるのか、新しい建物が多いです。アラブ様式で建てているんですが、効率を重視して建てているのか、すべてがディズニーランドっぽい。だから文化が感じられない…。(下図はディズニーランド製作中の図)

Untitled

 

街の商店街(スーク)や裏路地も歩いてみたのですが、あまり魅力的ではありませんでした。たぶん行った場所が悪かったんでしょうが。

Untitled

Untitled

 

時期的にもあまりよくなくて、昼間の散歩には暑すぎたのもあるかもしれません。皆さん日陰で座っちゃってたしね。

Untitled

 

結局、伝統的商店街は暑すぎて機能しないと言うことなのかもしれません。で、大規模モールに客を奪われ続ける。でも大規模モールは大きいと言うだけで、他の国とそう変わりがないので楽しくない。だからテンションが上がらないと言う感じでした。どこに行ってもある巨大カルフールにはびっくりしましたが。

Untitled

Untitled

Untitled

 

ここで楽しむとすれば、たぶん良いホテルに泊まってプライベートビーチや質の高い食事を楽しむ、もしくはモールで買い物がよいと思います。そういうところだとするとちょっと自分には合わないかな、と言う感じです。

 

お祈りの時間にみんながモスクに向かったり、じゅうたんを敷いてお祈りしているのを見たのが唯一イスラムの文化に触れた瞬間でしょうか。それは素晴らしい体験だったのですが、すぐ隣にこんなのが落ちているので、やっぱりイスラムを感じるのは難しいんでしょうね。

Untitled

アマゾンプライムフォトをDNGファイルの保存に使ってみよう

この記事で書いた通り、M Monochromデータの取り扱いプロセスがかなり定まってきました。

 

SDカードリーダーでiPadにRAW(DNG)データを取り込み、Adobe Lightroomで現像。現像後のjpegをflickrにアップロードして保存。これが一連の流れです。

 

ただ、この流れで1つだけ欠けているものが。RAW(DNG)の保存場所に迷うんです。flickrはRAWに対応しているものの1TBの容量制限がある。1枚30MB以上の容量があるRAWを保存するには頼りない感じです。

 

もともと、一度現像したあとはRAWは捨てちゃえよいと思っていたんですが、このお店のおじさんが、『プリントするならいい店を教えるからRAWファイルを持って行きな。』と言うので、RAWも保存したいと思うようになりました。ゆくゆくは自分の写真を部屋に飾ったり名刺にプリントできたらいいな、なんて小さな野望があるので、プリントの準備はしておきたいんです。

 

そこで選んだのがアマゾンプライムフォト。容量無制限らしいので、jpegとRAW両方を保存してみることにしました。万が一flickrがダメになってしまってもバックアップになりますしね。

 

いまのところ、快適に保存ができています。年間3,900円で無制限に保存ができるなら納得感ありですね。あまり使わないけど他の特典もありますし。RAW保存に困っている方、いかがでしょうか?